トラックについてもっと知ろう!

大型トラックを運転するには

大型トラックを運転するには

大型トラックを運転するには免許が必要となります。
大きく見えても免許の枠として大型ではないことがあり、現在では車両総重量6.5トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗車定員30名以上が該当します。
トラックにはダンプカーや中長距離で利用される貨物搬送用のトラックが代表的です。
従来は大型として考えられていた、5トンから11トン、11人の乗車定員は中型という新たな概念として枠が作られ、見た目で大きくても中型となり、この場合中型免許を必要とします。
特殊自動車免許を取ることや2種免許を取ることで利用枠が増え、建設現場で活躍する様々な車両の運転が可能となります。
2007年以降中型自動車免許が新たに設定されたことで複雑となり、法改正前に大型免許取得したドライバーの場合、中型を含む条件であったため、「中型車は中型車(8t)に限る」という条件が記載されます。
ただ、記載はされるものの、実質的に普通車以上の条件の車両の運転も可能となります。
ただし、深視力検査で不合格となった場合は中型に格下げとなるのことがあります。

事業用として使うトラックに必要な維持費

トラックを事業用として使っている場面があり、運送業や建設業、一般的な商社や問屋でも必要としている場合が見られます。
事業用のトラックの場合でも、維持費用が気になってしまうことがありますが、大まかな維持費に関しては、2トントラックを例に挙げた場合では、毎年の支払いが必要な自動車税は約10,000円、自動車重量税が13,000円、自賠責保険料が約35,000円がかかることになり、車検代も別途必要とされています。
車検に関しては利用する工場で設定が異なりますが、税金等を除いた場合では約50,000円程度で受けられる場合があります。
また、普段の使用に関しては、燃料代も維持費としてかかってしまいます。
走行距離に大きく起因している内容ですが、当然ながら多くの距離数を走行する場合では、燃料代は高くなることが基本です。
また、一般的な車両と同じように、タイヤ交換が必要とされる場面や、バッテリーやオイルの交換費用も考えてみることも忘れてはならないトラックの維持費です。
事業者によっては任意加入の自動車保険に入っている場合もありますが、このケースでは任意保険料も考慮する必要があります。

recommend

ドローンニュース
http://dronenews-japan.com/

最終更新日:2017/3/30

Menu

『トラック 大型』 最新ツイート